日向ぼっこ

ゴールデンウィークも残すところ後1日半。
私は、普段からあまり平日、休日は関係ありませんが、周りが長期休みだとなんとなく私までそんな気分になります。
今日は、うずらを日向ぼっこさせようと思い、バルコニーへ・・・。

すずめの鳴き声、風の音、うずらはかなり緊張ぎみです。
カラスがカ~カ~なんて鳴いたりしたら、もう大変!!!耳がピ~ンと張って警戒態勢に。
しばらくすると、だんだん慣れてきたようで、ピョンピョン飛び跳ねて遊んでました。


c0048518_1615454.jpgc0048518_1614189.jpg   

と思ったら・・・。大事な我が家の食材を物色し始めました。
採れ立て野菜を採る前?にムシャムシャ。
おいしそうに食べていました。

あんまりかわいいので思わず
★パチッ★

かわいいからなんでも許しちゃうゾ!
      
[PR]
# by uzulunch | 2005-05-07 16:15 | 日記

。。・・☆・ガーデニング・☆・・。。

我が家ミニミニガーデニング。
c0048518_10253064.jpg
先月、野菜の苗を買ってきて植えました。
レタス・スイスチャード・茄子・トマト・パセリ・さやえんどう・・・・・・。
見る見るうちに、立派に育ってくれています。かわいい我が家の仲間です。

収穫が、楽しみ!皆元気に育ってね~!
c0048518_10254266.jpg





スイスチャードは、もうそろそろ食べごろだそうです。ので、、、ゴールデンウィーク中に我が家の食卓にのぼることでしょう!
[PR]
# by uzulunch | 2005-05-02 10:29 | 日記

お知らせ~!

目白バ・ロック音楽祭
~デビューコンサートシリーズ~
矢野薫 チェンバロリサイタル


2005年 6月4日 【土】
14:00開演   13:30開場
和敬塾本館

♪プログラム♪

アレッサンドロ・スカルラッティ
トッカータ第16番 イ短調

ドメニコ・スカルラッティ
ソナタ  K.132  K.175   K.208  K.209



私は、一度も和敬塾に行ったことがなく、どんな会場なのか???
来月初旬に見学に行くことになっています。
また、ご報告しますね!
[PR]
# by uzulunch | 2005-04-27 23:58 | 目白バ・ロック音楽祭

オタマジャクシー博士の演奏界昆虫図鑑 File no.2

c0048518_1554850.jpg


うぃ~、久しぶりのオタマジャクシー博士じゃ!
どうじゃ?4月のわしは?心なしか生き生きしとるじゃろ~。
…春じゃからな。お肌もつやつや、なんか手足も生えてきそうなヨ・カ・ン♪

調子がいいので春の陽気に誘われてここで、一句。 オホン!

∮散り桜~  止めたい気持ちも~~  手足出ずゅ~~~∮

(オタマジャクシなだけに)

さて、早速今回も愛すべき昆虫を演奏界からお届けするぞい。

それでは、ごゆっくり見て行ってくれ玉え。

レッツ、オータマ!


=========================================================

c0048518_21422.jpg

洗面女王蟻(センメンジョウオウアリ)
演奏家目・緊張科


演奏会本番当日にトイレに行く回数が増えることで知られている。
洗面所多有ともいう。

トイレ回数の増加は本番直前まで続き、その増加率は平常時の3~5割増といわれている。
中には、トイレに行ったきりしばらく戻って来ない生体もいる。

トイレの中で用を足しているかというと必ずしもそうではなく、トイレの中での行動については諸説あるが、現在は、アメリカの研究チームが学会で発表した【何もしてない説】が有力。(「アメタマレポート2003」参照)
ちなみに、トイレの水で洗顔しているという【汚水洗顔説】を説いたオタマンモス博士は、洗面女王蟻保護団体に引きずり回されたあげく、学会を追放されている。
その時、哀れ尾っぽがちぎれたオタマンモス博士は、学者である立場を忘れ、身をのけ反らし「黒豆かよ!」と'か'強めで自分につっこみをいれたのは有名な話である。

あなたも、洗面女王蟻に会いたければ、開演前にトイレにいってみよう。
上半身普段着、下半身ドレスのその姿を目にすることが出来るでしょう。

=========================================================

それでは・・・たまにゃ。。。


[PR]
# by uzulunch | 2005-04-16 02:14 | 演奏界昆虫図鑑

♪さ~くら・さくら♪

*・・・春の陽気に誘われて・・・*

c0048518_2333415.jpg
千鳥ヶ淵の桜です!
今日は、満開!
風が吹くと、桜の花びらが舞ってとてもきれいでした。
c0048518_23215812.jpg
[PR]
# by uzulunch | 2005-04-09 23:25 | 日記

4月

いよいよ、今日から4月になりましたね!
あ~~~、月日が経つのがはや過ぎる。今年ももう4分の1が終わってしまいまいた。

だけど、やっぱり春は良い季節ですね!あまりの天気の良さに、今日は30分くらい近所を散歩しました。ホント気持ちがいい!
桜も来週の末頃、見ごろだそうですね。お花見に行きたいな~!桜の下で、お弁当食べて・・・。あ~~いいな~~~。

c0048518_185072.jpg


最近のうずらは、日向を探しては、お昼寝してます。
ホント、気持ちよさそう。うらやまし過ぎる!
[PR]
# by uzulunch | 2005-04-01 19:09 | 日記

コンサートのお知らせ

アントネッロ・ファンキー・ルネサンス・ライヴ Vol.8

アントネッロの《エイプリル・イン・ヴェルサイユ》
~ボアモルティエ没後250年 18世紀フランスのリコーダー音楽~

♪プログラム♪
三重奏ソナタ(ジョゼフ・ボダン・ド・ボアモルティエ)
四重奏ソナタ(アントワーヌ・ドルネル)
膀胱切開手術、聖ジュヌヴィエーヴの鐘(マラン・マレ) etc.

演奏:Anthonello 《アントネッロ》

細岡由紀 / 浅井 愛 (リコーダー)
石川かおり (ヴィオラ・ダ・ガンバ)
矢野 薫 / 西山まりえ (チェンバロ)
dir: 濱田芳通 (リコーダー)

2005年4月22日(金)7:00p.m./23日(土)7:00p.m.
(2回公演、プログラムは同内容です。)

¥3.500 (ドリンク付き 限定50名)
鷹羽スタジオ 
(東京メトロ千代田線「千駄木」駅 東京都文京区千駄木3-10-23 Tel.03-3821-1072)

詳しくは、ここをクリック!

皆さま、お時間がありましたら、是非いらして下さい!!!

[PR]
# by uzulunch | 2005-03-30 14:58 | 音楽

とある謎の神社を発見!!!

音音村の楽楽小路に面する立ち呑み屋<アンダンテ>の向かいに謎の神社発見!

「こんなトコにこんな神社あったけ?」
と思って入ってみるとその名は<御玉杓大社>。

ご本尊はたぬき様。
陽気の中に沈む不気味な妖気。
「怖いわ、たぬき様。眼が怪しい・・・。」
c0048518_23162861.jpg

 そして、どこからともなく聞こえてくるたぬき様のテーマソング。
 「げんこちゅや~ま~の~、た~ぬ~きチャン♪」

 ・・・に誘われて辿り着いた武蔵さまのありがたいお言葉。
c0048518_23164210.jpg




★キラ~ン★このお言葉カオル奴に響いたわ!
「武蔵さま~~~!精進します。」
[PR]
# by uzulunch | 2005-03-14 23:21 | 日記

♪目白バ・ロック音楽祭♪

c0048518_12321890.gifこの音楽祭は、今春5月に創設される地域密着型音楽祭で、2005年5月23日~6月6日まで目白を拠点に、目白を拠点とするITベンチャーとアルケミスタとの共同企画です。

私もこの音楽祭の中で、チェンバロリサイタルを6月4日に開くことになっています。

この音楽祭についての詳しい情報は、ここをクリック!!!



今回、このリサイタルのために私が選んだ作曲家はドメニコ・スカルラッティ、そしてその父であるアレッサンドロ・スカルラッティです。私にとって、とても思い入れの強い作曲家です。
ドメニコ・スカルラッティの音楽は、予期せぬ不協和音、フラメンコを思わせるリズム、哀愁を帯びた旋律等、1人の作曲家とは思えないほど豊かな表情を見ることができます。その様々なキャラクターは、いつ何度弾いても新鮮さを失わず、それどころか弾く毎に新しい発見をする思いです。
彼は即興の天才だったと言われており、彼の550余りあるソナタには、ジャズの要素を垣間見ることも出来ます。
常に即興をしているような緊張感、スリリングさ!彼の音楽に触れ、このような感覚を味わうことができるのは、私にとって最高の幸せの瞬間です。
そしてまた、彼の父、アレッサンドロ・スカルラッティの作品に触れることで、アレッサンドロ・スカルッラッティ~ドメニコ・スカルラッティへと続くスカルラッティワールドを展開したいと思います。

プログラム等、色々な詳細がきまりましたら、またこのカテゴリで紹介していきます。
[PR]
# by uzulunch | 2005-03-11 12:38 | 目白バ・ロック音楽祭

♪コピス・コンサート♪

無事、ギャラリーでのコンサートを終了しました!
とっても寒い中、沢山のお客さんに足を運んでいただきまして、とても嬉しく思っています。ありがとうございました。
こじんまりとした会場、お客様との距離の近さから、またアルコールのせいなのか・・・自然と演奏者とお客様との間に話題が広がり、とても和やかな雰囲気の中演奏することができました。共にその時を、共有できたように思えました。とても、嬉しいことです!ありがとうございました!

♪プログラム♪

G.フレスコバルディ
トッカータ第8番
バレット第1番
T.メールラ
カンツォン第2番
B.ストラーチェ
チャッコーナ
G.ピッキ
パッサメッツォ

休憩

A.ファルコニエーリ
戦い
G.B.ヴィヴィアーニ
ソナタ第2番
R.ロニョーニ
「別れのとき」によるディミニューション
M.カッツアーティ
パッサカリオ
A.ファルコニエーリ
英雄
フォリア



でした~~~!!!皆さま、本当にありがとうございました!

[PR]
# by uzulunch | 2005-03-07 08:08 | 音楽
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧